ショップ&工房SHOP&STUDIO

ゴルフショップ

ショップスペースが広く、中古クラブチェーン「ゴルフドゥ」が併設しております。
既存ゴルフショップ「golf revo」もゴルフクラブ、ウェア、シューズなど盛り沢山のアイテムをゆっくりとお選び頂けます。
その他、定期的に試打会・イベント等を開催しておりますので、皆様のご来場をお待ちしております!

golfrevo(ゴルフレボ)

・試打クラブを常時200本以上ラインナップ
・ゴルフウェアをはじめ、豊富なゴルフ用品を品揃え
・アコーディア・ゴルフのポイントが貯まる&使える

主な取り扱いメーカー
  • ダンロップ
  • テーラーメイド
  • キャロウェイ
  • タイトリスト
  • ピン
  • ブリヂストン
  • フォーティーン
  • 本間ゴルフ
  • リョーマ
  • AKIRA
  • プロギア
  • ヤマハ
  • ENA
  • ミズノ etc..

ゴルフ・ドゥ

シャフト交換やグリップ・シャフト交換などの専用工房も完備しており、充実した品揃えとサービスで、幅広いゴルファーのニーズにお応えいたします。

ゴルフ・ドゥ サイトへ

工 房

「どこよりも速く、安く、丁寧」なリメイクをモットーに洗練されたクラフトスタッフが皆様のクラブのの悩みを解決いたします。
営業時間内は、担当スタッフが常時おりますので、グリップ交換などは、
お客様が練習をしている間に仕上げることも可能です(混雑時を除く)。まずはお気軽にお声掛け下さい!
全日9:30~20:00(年中無休)
※セルフ営業時間は、営業しておりません (営業時間が異なる場合、別途ご参照下さい)
ショップが閉まっている時間帯もグローブは自動販売機で購入いただけます

工賃表

グリップ交換 当店購入品:440円
お客様持込:880円
シャフト交換 当店購入品:2,750円
お客様持込:4,400円
シャフト抜き 1,650円
シャフトカット
(バット側)
当店購入品:1,100円
お客様持込:1,650円
グリップ再利用:1,650円
シャフトカット
(チップ側)
4,400円
シャフト伸ばし グリップ購入:1,650円
お客様持込グリップ:2,200円
グリップ再利用:2,200円
ロフト・ライ調整 軟鉄:550円
軟鉄以外:1,100円
(※調整キズが残ります、予めご了承下さい)
※ 価格は全て消費税込み、1本あたりの価格です。

工房ってどんなところ?

ゴルフの工房とは、ドライバー・FW・アイアンなど様々なゴルフクラブの修理・調整を行う場所です。
使っているクラブが折れたら新しいシャフト(ヘッドとグリップを繋ぐ棒状のもの)に交換したり、 グリップ(ゴム製品で出来た手で握る部分)を今より太く・細く、握り易くするために調整したりと 様々な調整を行い、ゴルフクラブを今の自分に合うようにする場所です。 分かりやすいイメージとしては、車を運転する前に座席やハンドルの位置調整をしたり、洋服を買う前に 自分の体のサイズに合った服を揃えるための場所だとイメージして頂ければ分かりやすいと思います。

調整って必要?

ゴルフクラブに調整は必要なの?と思われる方も多いと思います。

先ほども出ましたが、皆さんは車の運転をする時や服を買う時には、必ず自分の体格に合うように調整しますよね。 車を運転する時は、運転する前に座席やハンドルの位置を調整しないと運転し辛いだけでなく、 場合によっては事故に繋がるときもあります。 服を買う時は、自分の体のサイズやラインにきちんと照らし合わせながら洋服を揃えないと 変なシルエットになってしまい、満足いく格好が出来なくなってしまいます。

同じようにゴルフでも自分の身長や手の大きさ、体力の有無に合ったパーツを選んだり、 調整したりしないと良いスイングをした時に思うような球が出ず、必要以上に球が曲がります。 ゴルフをやったことがない初心者でも、レッスンと並行してご自分に合ったクラブを使って 練習をするのとしないのとでは、後の上達具合に大きな差が出てきます。 ゴルフクラブを買う・調整するのはある程度上手くなってからでなく、早い段階からご自分にあったクラブに 買い替えたり、調整したりすることが上達を早めるポイントです。 最新クラブを取り揃えており、クラブに迷われた時や、これからゴルフを始める方はお気軽にショップ・工房スタッフにご相談ください。

おさえておきたい
4つのポイント

  • 1
    グリップ交換

    ゴルフクラブで唯一人の手と触れる部分、それがグリップになります。
    グリップはヘッド・シャフトに比べて軽視されがちなパーツですが、実は見た目以上に大きな影響を及ぼす パーツになります。
    初心者の方は主にゴルフクラブを他人や身内から、昔使っていた物を譲り受けたり、 中古ショップでセットで安く売られているものをそのまま使っている方を多く見受けられます。 大半の場合、上記に挙げたクラブのグリップは固く、ツルツルと滑りやすい物が多いと思われます。 グリップが古い状態のまま練習を行うと、クラブが滑りやすく手の平からスポッと抜けやすくなるので 必要以上に腕に力が入ってしまい、固くぎこちないスイングになってしまいます。 特に初心者はそのままの状態でゴルフを覚えていくと、力の入った手打ちスイングになってしまうので、 始める前は必ず新しいグリップに交換して、柔らかいゴルフスイングを覚えられるように クラブを調整しましょう。
    また、グリップ交換をする際はグリップの太さにも注意してみてください。 グリップの太さは単に握りやすさだけではなく、スイングして飛んでいく球の曲がり方にも大きな影響を与えます。 自分にとってちょうど良い太さのグリップを基準に、太めに仕上げると球は右に、細めに仕上げると球は左に 曲がりやすくなります。 最初のうちは自分の手の平の大きさと指の長さにあった太さで練習を始め、徐々にスイングのレベルが 上がってきたら太め・細めと試していき、ご自分のよく行かれるコースにあった球筋を打ち易い太さに 仕上げていくように拘っていくとゴルフが楽しくなりますし、スコアアップの手助けになります。
    グリップ交換の目安は3カ月から半年を目安に新しい物に入れ替えると性能を落とさずにすむので効果的です。また、グリップはゴムで出来ていて、使っていなくても劣化していきますので、 一年に一回はセット全てのグリップを変えるようにすると良い状態を保ったままゴルフを楽しめます。グリップの性能は見た目では分かりにくく、上記に挙げた以外でもスイング中に影響を及ぼす要素が たくさんあります。 特に初心者や女性の方はグリップについてよく分からないという方も多いので是非一度、お持ちのクラブを持って ご相談に来て下さい。
  • 2
    ロフト角調整

    ゴルフクラブのロフト角・ライ角というと初心者や女性の方はあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、 実はクラブの飛距離・方向性に大きく作用する見逃すことの出来ない大事な部分です。
    ロフト角はドライバーのソール部分(クラブの裏側)端の方に小さく数字が書いてあるのを見たことがあると思いますが、 その数値がロフト角(傾斜の度合い)【図1参照】になります。 ロフト角は数値が大きければ大きいほどボールが高く上がる(打ち出し角)反面、その高さの分だけ飛距離が落ちます。 ドライバーは飛距離を出すクラブなので男性でも女性でもロフトは少ない方が飛距離が出ると思われがちですが、 実際にはロフト以外にもボールの打ちだされる角度やボールにかかるスピン量などの総合で決まるので、 「少ないロフトのドライバーを使う=飛距離が出る」という風にはなりません。 最適なロフトはプレイヤー自身のスイングとシャフトとのマッチングで決まってきますので、どの程度のロフトが 自分にとって最適なロフトなのか分からないという方は、今使っているクラブをお持ちのうえ、ショップ・工房スタッフ までお気軽にご相談ください。
    また、アイアンにおいては番手ごとに等間隔にロフト差がないとキチンとした飛距離差が出ないので、 練習する前にキチンと番手ごとにロフトが等間隔に開いているかチェックする必要があります。 特に市販品は製造誤差があるので、購入したら練習する前に工房にてロフト角をチェックするようにしておくと良いでしょう。
    ※アイアンヘッドの素材によっては調整できないものがありますのでご使用のクラブをお持ちの上、工房スタッフまでお問い合わせください。
    ※ドライバー・フェアウェイウッドのロフト角変更は出来ません。
  • 3
    ライ角調整

    ライ角に関しては、特にアイアンで重視する要素の一つで、主に方向性に影響してきます。 ライ角とはどの部分を指すのかというと少し難しいですが、フェースをスクエアに合わせソールの中心が地面に接する様に セットした状態でシャフトと水平面とのなす角度がライ角です。【図2参照】 市販されているゴルフクラブは、そのほとんどが日本人の平均身長と平均的な手の長さから割り出された数値に沿ってライ角を 設定しています。
    しかし、実際は使う人によって身長・手の長さ、さらにはスイングは異なるので、ライ角は当然違ってきます。 自分の身長・手の長さ・現時点でのスイングを総合してライ角は決まりますので市販のままではいかに自分にあってない可能性が高いかと いうのがお分かりいただけるかと思います。 特にライ角はスイングをしてインパクトの時の角度がターゲットに対してスクエアになっていないと球が曲がりやすくなるので レベルに関係なくチェックする必要があります。 ライ角が自分に合ってないままで練習を続けているとスイングが上達しないばかりか、本当に良いスイングをした時に球が 曲がるという事態に陥ってしまうので注意が必要です。
    また、一度最適なライ角が分かってそれに調整したから今後は調整する必要がないかといえばそういうものでもありません。 洋服と同じように年齢や体型が変わってくればそれに合わせてサイズや服のライン・配色などを変える必要があるように、 ライ角も自分のスイングレベルや年齢・体力面での変化に合わせて定期的に調整しないと球が思うような所に行かなくなります。 定期的にクラブとご自分のスイングを見直す事で上達の度合いなどが違ってきます。 特にこれからゴルフをはじめる初心者の方や、ゴルフをはじめて間もない方は練習する前に一度、工房でライ角をチェックしてから 練習をするようにしましょう。
    ※ヘッドの素材によっては調整できないものがありますのでご使用のクラブをお持ちの上、工房スタッフまでお問い合わせください。
  • 4
    シャフト調整

    ゴルフクラブの調整においてもっとも重要度が高い部分の調整がヘッドとグリップを繋ぐシャフトの調整になります。 近年では様々なカーボンシャフトが出回り、素材や製法が多様化し、特にこの2~3年で大きく進化した部品の一つと言えます。 シャフト調整と言われて一番に思い浮かぶのは、ここ数年でなじんできたリシャフト(既についているシャフトを外して違うシャフトを挿すこと)が あげられると思います。
    それ以外にもシャフトのバットカット(グリップ側を短く切る)やシャフト伸ばし等があります。 ゴルフクラブにおいてもっとも大事なのは、クラブの総重量と長さが自分にあっていることが大事で、上記にあげたグリップ・ライ角・ロフト角も ゴルフクラブの長さや重さが今の自分の体力とスイングにあった上で調整する必要があります。 総重量と長さは密接な関係があり、ゴルファーの体力や身長・腕の長さ・レベルの高さによって最適な範囲があります。 特に人から貰ったお下がりのゴルフクラブでスイングを覚える場合はヘッドは良くてもシャフトの長さや重さ・硬さが全く合っていないのに 気にせずそのまま練習される方が大勢います。 自分に合っていないクラブの長さや重さ・硬さでゴルフを覚えると偏った動きがスイング中に見られる場合がありますし、特に過度なオーバースペックで 練習をしていると体を痛める場合があります。 最適なシャフトを選んで無理のないスイングを覚えることは単にゴルフのレベルアップに留まらず、生涯スポーツや健康増進の意味で 長くゴルフを続けるうえでも非常に重要な要素になります。
    また、シャフト長さと重さが決まったらシャフト自体の性能(調子・硬さ・しなり方など)に拘る事によって、よりゴルフプレーの充実に繋がります。 シャフト単体の性能はプレイヤーのスイングの短所を埋めてくれたり、または大きく長所を伸ばしてくれたりなど様々なタイプがあります。今お使いのクラブに装着されているシャフトが自分にとって最適なものかどうか分からないというお客様は、是非一度工房スタッフまでご相談下さい。